風俗行くなら巨乳を選ぼう

むしろ理屈じゃない世界

ホームページ、そしてポータルサイトや口コミなどいろいろな情報コンテンツがあります。それらからいろいろなことを調べられるというのはやはりとても大きなメリットだと思うんですけど、でも結局は本能というか風俗は理屈だけで語れる世界ではないんじゃないのかなって思うんですよ。だからあんまり情報に溺れない方が良いのかなと。自分も一時期、スマートフォンからでもポータルサイトを見れるというその簡易さに心を奪われて、しょっちゅうポータルサイトを見ていたんです。そして自分が風俗の情報通になったかのような錯覚を起こしてしまっていたんですけど、ただあまりにも情報に溺れすぎると理屈が先行してしまって素直な気持ちで風俗嬢と向き合うことが出来なくなってくるんじゃないのかなって気持ちもあるんです。だからあんまり深く考えないで、時には何も考えずにフリーで楽しんでみるのだって全然ありなんじゃないのかなとさえ思っているくらいなんです。

年甲斐もなくハマっている子がいます

年甲斐もなく夢中になっている存在がいるんですよ。それはとある風俗嬢なんです。その存在が自分に大きな刺激をもたらしてくれる…は格好つけすぎですかね(笑)一緒にいると自分の気持ちがフワフワしているのが分かるんです。恋に近い感覚ですね(笑)お客と風俗嬢と言う関係であることは自分なりに自覚していますけど、一緒にいる時間が嬉しいんです。理屈じゃないんです。既に結婚して30年は経ちますし、そろそろ定年も見えてきているような男がそんな気持ちになるのは少々気恥しい部分もあるんですけど、彼女といるとついつい楽しい気持ちになってしまうんですよね。それが高じて、いつしか彼女と一緒にいたいっていう純粋な気持ちになっていったんです。だから風俗が好きというよりは、彼女ニハマっているといった方が良いかもしれないですね。特に最近ではその傾向が強くなっていますけど、それはもはや仕方ないことなのかもしれないのかなって思います(笑)